山吹 (え〜、おまけという事で)

 姫は望月のように美しく微笑み、そして冷たく言った。
「彼の品をお持ち下された方の物になりましょう」
 これが揃えば彼の人を黄泉がえらせる事が出来よう筈。
 きっと成し遂げてみしょうぞ。
「各々方、姫はこのように申しております」
 竹取翁は求婚者に向かって宣した。

 晴明は、霊血霊柩の代わりとなる物を手に入れる為、その姿に目の眩んだ男達を使ったが、遂に手に入れる事は叶わず、帝までが力尽くで迫った事を知り、天人としての巫力を持ってこれを退けた。
 これに懲りた晴明は、再び男装をする事とし、死者をも蘇らせる力――賢者の石を作り出す為、彷徨したのだった。
 サン・ジェルマン伯爵と名乗り、彼女は洋の東西を問わず、研究を続けた。
 そう、彼女には、神すらをも屠ると言われた刃によって繋ぎ合わされた、永遠の命がある。時間は気が触れそうなほどあった。
 彼女はとても諦めが悪いのだ。
 それは愛しい男と死闘を演じたほど……。

< >>next
inserted by FC2 system